産後の肌荒れやかゆみを予防するには

産後の肌荒れについて

 

産後の肌荒れやかゆみを予防するには、どうしたらよいのか多くの
方が悩んでいます。

 

産後は赤ちゃんの世話で大変だけど、痒みがあるともっと大変と
感じてしまいます。

 

 

産後の肌荒れやかゆみを予防

 

産後の肌荒れについて

 

産後の肌荒れやかゆみを予防するには、どんな方法があるので
しょうか。

 

実際に、多くの方が、産後の肌荒れや痒みの悩みを抱えています。
早く解消する為には自分が出来ることから始めてみましょう。

 

 

 

 



@肌の刺激にならない入浴や洗顔。お湯は肌を乾燥させて痒みを
引き起こす原因の1つでもあります。お風呂の温度は、ぬるめの
お湯につかるように心がけましょう。

 

洗顔をする際には、さらにぬるめのお湯で洗うようにしましょう。
顔の皮膚は体よりも薄いので、温度の高いお湯で洗う事により、
大きなダメージを受けやすいのです。

 

産後の肌荒れやかゆみについては、保湿入浴剤などを活用するのも
効果的です。

 

 

 

 



A締めつけの少ない服装。締め付けの多い服装は、服が肌に触れる
面積が大きくなってしまい肌に負担がかかってしまいます。

 

締め付ける事により、血行が悪くなってしまい痒みが増してしまう
場合もありますので、締め付けの少ない服装を心がける必要が
あります。

 

また、産後の肌荒れやかゆみを予防するには、下着や肌着の素材を
コットンにする事により、肌の負担を減らす事が出来ます。

 

 

 

 



BビタミンAを摂取。ビタミンAは肌の新陳代謝を促進したり、
皮膚の粘膜や肌の潤いを正常に保つ働きがあります。

 

妊娠中にビタミンAを過剰摂取すると胎児の成長に良くないと、
言われていて妊婦さんは摂取を控えている人も多いのです。

 

ビタミンAには動物性のレチノールと植物性のBカロテンがあり、
動物性のレチノールは避けるようにして、緑黄色野菜に多く
含まれているBカロテンは肌のためにたくさん摂取しても問題
ありません。

 

 

 

 



Cかゆくても掻かない。産後の肌荒れはかゆみを伴う事も多いの
ですが、かくことにより、さらなる痒みを引き起こしてしまうので
なるべく掻かないようにしましょう。

 

痒みがおさまらない場合には、患部を冷やす事により、痒みを
抑える事が出来ます。

 

産後の肌荒れやかゆみについては、何よりも生活の中で様々な事が
影響しています。実際に予防する為に、一番大切な事が保湿を
しっかり行う事です。

 

お風呂上りの保湿はもちろんですが、エアコンなどを活用する
場合にでも夏は除湿器を用意したり、冬は加湿器などを用意して、
室内の温度と湿度を確認する事も大切になってきます。

 

日常で活用しているエアコンでも肌の乾燥を招いてしまう事が
ありますので、注意して活用するようにしましょう。